【+Style】人感センサー付きスマートライトで、夜中の覚醒の一因を排除!

最終更新日

ワタクシゴトで恐縮ですが、子どもの頃から眠りが浅くて困っています。

小学生の頃は2つ寺がある地域に住んでいたんだけど、
5:30と6:00に鐘がなるんだよね…。

毎日それで2回起きてたね…。幸い、すぐ寝られたけどね…。

加えて、20歳を過ぎたあたりからトイレが近くて困っています。

妊娠中なんか特にひどくて、映画館にいけませんでした。

なんかさー、悩みが両方とも BBA のそれだよね…。

昔、会社の健康診断で、
「大をしたあと、小がすごく近くなるんですけど」って相談したら、
「そんなの聞いたことありません」って一蹴されたんだけど!
事実、わたしがそうなのに! 恥を忍んで相談したのに!

…まぁ、そんなこんなで、眠りの浅さとトイレの近さが悩みです。

で、困るのが夜中のトイレ。
寝る前はできるだけ水分を取らないようにしていますが、
それでもたまに夜中にトイレに起きてしまいます。

トイレまで数歩歩くことで少し覚醒するのに加え、
トイレの電気を浴びることでさらなる覚醒…。
起きる時間の1時間以内だったら我慢しますが、
そうでなければ一晩中我慢するわけにも行かず…。

トイレ行っても電気つけなければ良くない?

うちは、トイレ、人感センサーライトなのよ…。
なんせ『消し忘れ番長』の息子がいるしね…。
人感センサーライトに慣れちゃうと、そうじゃない暮らしに戻れない…。

なので、解決方法をいろいろ模索していました。
トイレ用に Amazon Echo Flex とモーションセンサー買って、
トイレの電気をスマートライトにして、それで時間で区切るか…? とか。

したっけ、Amazon Echo Flex もう売ってないじゃん! (2021年6月時点)

で、いろいろ考えていろいろ探していたら、
『人感センサー付きスマートライト』
なるものを発見してしまいました…。

こんなモノ見つけちゃったら、買うしかないでしょ…。
というわけで購入しました!
しばらく使ってみていい感じになってきたのでご報告です!

はじめにまとめ

+Style の人感センサー付きスマートライトで
夜中のトイレの電気を暗くしたい場合の設定は、こうです!

まず、デフォルトで暗い状態にします。
左の画像がこの電球の設定画面、『明るさ』が 1% です。
右の画像は『スマートモード』の『自動設定』の画面で、
4:50~23:59 の時間帯でライトが動きを感知した場合の動作です。

なぜこのような設定にしたか、次以降で説明します!

開封の儀

入っているものはこれだけです。ほぼライトのみ。シンプル。
で、コレの他に、運用にあたって必要なものは、

  • Wi-Fi 環境
  • +Style のアプリ (Android、iOS 両方あり)

です。

なぜ、デフォルトが明るさ 1% なのか?

夜中にトイレの電気を暗くしたい場合、
『はじめにまとめ』で説明したとおりデフォルトの設定を
明るさ 1% にします。

なぜか?

はじめは 0:00~4:50 を暗くしていたんですよ。普通に。
要するに、デフォルトを明るさ 70% にして、
自動設定で 0:00~4:50 で明るさ 1% にしていたんです。
そうしたら。
0:00~4:50 で暗い設定にしていても、
一瞬だけ明るく光ってそれから暗くなるんですね。
困った。
いろいろ試しても解消されないので、
「コレは、夜中トイレのドアを開ける一瞬だけ目を閉じる、という
運用でカバーしなければいけない案件か…!?」
と覚悟していたんですが、ひょっとしたら裏技があるかもしれないと思い、
+Style のお客様窓口にメールしてみたんですね。

ちなみに、+Style アプリから問い合わせできる機能は
Android の場合はまだテスト中だそうです。
iOS の方は知らないです。

そしたらなんと!
同日中にレスが来たんですよ。早い。ありがたい。
しかも、とても重要なアドバイスが。

仕様としまして、
マイホームのスマートLED電球(人感)の設定画面で設定いただいてる
明るさ、色に一瞬点いて、
その後に自動設定で設定いただいた色、明るさに変わっているものと存じます。
夜の時間帯に一瞬明るく光らず、暗めに光るようにするためには、
マイホームのスマートLED電球(人感)の設定画面で、
明るさを変えていただくしかない状態でございます。

(メール引用)

なるほど~!!! 超納得です!
+Style のお客様窓口の担当者様、その節はありがとうございました!

というわけで、冒頭の設定です。
デフォルトで明るさを 1% にして、
時間指定で日中の時間の明るさを 70% にする。
…あ、もちろん、70% でなくて構いません。
一方で、1% でも、暗闇に慣れた目であれば十分用を足せると思います。

うちの父が昔『便所の100ワット』って自称してたな…。
あくまで自称だと信じたい。

あ、若い人は馴染みがない言葉かもしれませんが、
「ムダに明るい」という意味の慣用句(?)です。

費用のこと

人感センサー付きスマートライト、定価でお値段3,980円(税込)。
確かに普通の LED 電球に比べればお高いですね。
ただ、

  • Amazon Echo Flex 2,980円
  • モーションセンサー 2,150円
  • スマートLED 電球 2,000円くらい

と考えるとお安いなと思いました。
今は Echo Flex が買えないので、同じ +Style さんの製品でいくと

  • スマートセンサー 4,470円
  • スマートLED 電球 2,280円

と考えてもお安いなと思いました。
そして、ガジェット好きのわたしの満足、プライスレス。

あ、『スマートセンサー』というのは、
つくば万博のキャラクターみたいなフォルムの、
人の動きを察知するセンサーです。

ほんと、いつも例えに年齢を感じるよね。
あとさ、『人感センサーをやめる』という選択肢はないの?
一番安くつくのに…。

ないね! トイレの電気を ON・OFF にする行為って、ほぼ個人宅だけでしょ?
学校とか職場とかはほぼ点きっぱなしだし。
家も ON・OFF から開放されるとすごいラクだもの!
『よそたく』だけ気をつけないといけないけどね!

誰もツッコんでくれないと思いますが、
『よそたく』というのは他の人のウチ、ということで、
昔『たけしの挑戦状』というファミコンソフトがありまして…

説明はやめて…!

スイッチを消してしまう問題

人感センサーライトにするとよくある悩みなのが、
それまでのクセでスイッチをポチッとやってしまう、ということ。
それをしなくていいようにライトを替えたのに、ついやってしまうんですよね…。

あと、人が来たときはほぼほぼポチッとされますね。
そりゃしかたないけど。

以前住んでいたところでは
マスキングテープを貼ったりしてしのいでいたんですが、
今のところに引っ越してきてからは根本的に改善させました。
そもそも押せなくする。

ウチのスイッチ自体はパナソニックではないんですが、
パナソニックのスイッチカバーを付けることができました。
取り付けのときにそのままでは付けられないので、
壁スイッチの土台のほうを少し削ったような気がします。
(なんせ、7年以上前のことなので、記憶が曖昧で…)
なので、ひょっとしたらもとには戻せないかも…。
まぁ、それはそのとき考えるとして。

ちなみに、ウチではあと2ヶ所、納戸と寝室のクローゼットの中に
普通の人感センサーライトを付けていますが、
その2ヶ所のスイッチもカバーを付けています。
そっちはスイッチ1個しかないので、全面カバーのを。
カバーも範囲によってちゃんとバリエーションがあります。

設置の手間は若干ありますが、どうせはじめの1回だけだし。
それから先はスイッチの押し間違いのない生活が待っています。

最後にまとめ

とても高機能な『人感センサー付きスマートライト』、
本来であれば

  • 玄関につけて、時間帯で動きを感知したらテレビやエアコンを ON・OFF
  • 外出時の防犯対策

などの用途にスマートに使うものなんですが、
今回はわたしの悩みを解決するために使わせていただきました。
限定的な使い方で申し訳ないですが、結果としては
夜中に覚醒しなくなって大満足です!

いやー、あったらいいなというドンピシャの商品だったので、
見つけたときはテンション上がりましたよ!
そして運用もバッチリ!
もちろん、もっといい設定を探して日々研究中!

+Style のお客様窓口の担当者様、
ていねいなメールを本当にありがとうございました!

さちこ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする